かなでものの机

20年ぶりに机を新調した。

かなでものの、幅180cm・奥行80cmのラバーウッドの天板と、X型の脚を組み合わせた。脚の形状が可愛いのが気に入っている。杉無垢材かラバーウッドかで迷ったが、落ち着いた見た目と硬い表面の使い勝手を優先し、ラバーウッドの天板を選択した。

天板の加工が優れていて、思っていたより表面や角のさわり心地が良い。購入前は少し大きすぎるかもしれないと思っていたが、使ってみるとそういうこともなかった。机が大きいと満足感がある。

これまで使っていた机

これまではGarageのFantoniという机を2枚繋げて使っていた。20年使ったが、丁寧に使えばもう20年ぐらいは使えたと思う。引っ越しが多く、分解・組み立て作業や頻繁な移動を繰り返したこともあり、流石に脚の接合部のガタつき方が怪しくなってきていた。


過去に使っていた机の情報は、デスク遍歴にもまとめてある。2014年にまとめたきりで、もう6年前の情報になってしまっているので、年末頃にまた一度まとめ直したい。