ブレイブリーデフォルトII

ゲーム『ブレイブリーデフォルトII』の感想。

ブレイブリーシリーズの三作品目。発売年と併記すると次のような流れ。

  1. (2012) ブレイブリーデフォルト
  2. (2015) ブレイブリーセカンド
  3. (2021) ブレイブリーデフォルトII

作品単体として非常に面白かった。シリーズ関係なく、興味持った人はこの作品だけさっさとプレイすべき。FFシリーズの系譜にある作品で、強いて言うならFF5やFFTが好きな人と相性が非常に良い作品だと思う。スクウェアソフトが好きな人はたぶん好きになるだろう。

良かったところ:

  • 序盤から終盤まで終始魅力的なジョブが開放されていく
  • 得られるジョブポイントの羽振りが良く、色々試せる
  • シナジーを発見していくワクワク感
  • 盾役、攻撃役、回復役といったロールのバランスが適切
  • 敵の強くなり方とこちらの強くなり方が適切
  • 小さなサブクエストに至るまでテキストがよく練られている
  • Steam版での読み込み速度が快適
  • 声優の演技が上手い
  • 良いメタゲーム成分
  • ゲームのおもてなし具合が適切
  • セルフオマージュを思わせるネタの数々
  • ジョブごとの衣装が全部良い

悪かったところ:

  • 「狙われやすさ」というステータス値が上手く機能していない
  • スクロール操作が不便(ページ送り機能を入れてほしい)
  • 魔法攻撃職が全体を通して不遇

総じてバトルシステムの体験が良く、ストーリーはほどほどながらキャラクターは魅力的で、細部への配慮も抜かりなく、スクエニやるじゃん、と思わされた。久しぶりにスクエニの作品がやりたくなってプレイしたのだけど、そういう意味でも非常に良かった作品。