マウスのスリープ復帰時のG HUBの挙動への対処

Logicool G HUBを利用していると、しばらく操作せずにいたマウスを触り始めて数秒程度の間だけ、自分が設定したものとは異なる設定でマウスが動作する。DPIの設定が特に実感しやすく、普段とはマウスカーソルが異なる速度で動くことになる。

G HUBのマウスの設定でオンボードメモリモードに関する設定を変更することで、この問題を解消できることが分かったので、ここに情報を書き留めておく。ちなみに、自分の使っているマウスはG903h、Logicool G HUBのバージョンは2021.13.2906だ。

まず、Logicool G HUBを開いてマウスを選択する。

右上の歯車アイコンから詳細設定画面に入る。

オンボードメモリモードの「オフ」と書かれているボタンをクリックして一時的に有効化する。それから、「すべてのプロファイルスロットをデフォルトに戻す」というテキストをクリックする。そして、「オン」と書かれているボタンをクリックしてまた無効化する。

意味は分からないかもしれないが、これで解決だ。G HUBにはあまり深く関わるべきではない。


追記: 直らない環境もあるらしい。