Minute of Islands

Minute of Islands』を遊んだ。

プレイヤーは少女モーを操作し、滅びゆく小さな世界を巡る。読み物に近いかたちの作品であり、特にゲームとして難しい要素は無く、それゆえに世界観に集中できる。ぜんぶで5時間ほどで遊べる。

特徴的なビジュアルで描かれた世界は、有機的で、不気味で、美しく、どこか優しく、またどこまでも寂しげ。人間たちは可愛らしく描かれているが、抱えている心情は重い。要所要所で流れる音楽が非常に巧妙で、独特な世界観の中でも主人公の気持ちに寄り添えるようになっているのが良かった。

余談だが、元旦に遊んだせいでぐにゃぐにゃに捻れた初夢を見ることになった。