キッチンツールハンガー

キッチン用品を吊りたいと思い、いろいろ調べてレックのステンレス製で伸縮式でレバー式吸盤のやつを買った。

うちのレンジフードにはあまり良い引っ掛けポイントが無いため、上手く道具を吊るには吸盤式の何かを壁面に付けるしかなかった。吸盤式と言うと、吸着力が低くすぐに落ちてしまうものが多いので、吸着力がより高いものを探すことに。

吸盤の吸着力をより高めるギミックとして、

  • レバー式
  • ボタン式
  • ダイヤル式

などが存在しているらしい。また、うちの壁面はタイルっぽい加工でいささか難しいことになっているため、伸縮式・回転式でとにかく自由度の高いものをと探していたところ、レックからちょうど良さそうな製品が出ているのを見つけたので、使ってみることにした。

耐荷重4kgとのことなので、鍋などを吊るには流石に不安があるが、これぐらいの軽い調理器具を吊る程度であれば十分な強度を備えていると思う。レバー式を選んだのはやはり正解で、本当にしっかりくっついている印象を受ける。とか言ってたら明日の朝落ちたりしてそうで怖い。


ちなみにこのS字フックは、その昔シェアハウスをしていた時代、pokutunaさんに贈ってもらったものだ。なぜか6年経った今でも使い続けている。

UNIXという考え方に則るとS字フックが現実世界における最高のツールの一つであることは自明

2014年7月1日 @pokutuna

2015年・シェアハウスにて

思えばシェアハウスでも、S字フックは大活躍していた。生涯を終えた吸盤に代わり、タオルを支える技術としてキッチンで役に立っていたこともあった。

2017年・京都時代の自宅にて

京都に住んでいたときも、S字フックは共に在った。洗濯バサミと併用していたようだ。食器用の布巾などを引っ掛けるのに使っていた気がする。このレンジフードは形状が良く、S字フック達も心なしか喜んでいるように見える。

2020年・都内の自宅にて

枯れた技術を使うということは、何も古い技術だけに頼るという意味ではない。色々な技術を遠慮せず使っていくことに価値があるのだ――とかこの辺に数行程度書いておくと、良い具合に文章が引き締まり、気持ちよく記述を終われる気がする。