『なめらかな世界と、その敵』を読んだ

伴名 練の『なめらかな世界と、その敵』を読んだ。表題作に加えて、

  • 『ゼロ年代の臨界点』
  • 『美亜羽へ贈る拳銃』
  • 『ホーリーアイアンメイデン』
  • 『シンギュラリティ・ソヴィエト』
  • 『ひかりより速く、ゆるやかに』

の計6篇の話が含まれている。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07WHSZMFC

SF的な世界観が土台にありつつも、繊細に描写された人の感情が話の核となっていて、どれも読み応えがあった。それに、どの話も読み手への優しさを感じる文章だった。最近読んできたSF作品の中でも、かなり読みやすい方だと思う。

昨日から始めた『十三機兵防衛圏』も序盤の雰囲気だけで相当期待できそうな作品だし、ここ最近は良い作品に沢山巡り会えて本当に嬉しい。