『バッタを倒しにアフリカへ』を読んだ

https://www.amazon.co.jp/dp/B072FGTM65

バッタの研究に憧れる研究者が、大学院を出て、ポスドクの身で単身アフリカへ研究に行った記録が綴られている。

モーリタニアという異国の雰囲気や、ポスドクの厳しい成果主義な環境を窺い知ることができ、同時に、著者の行動力に元気付けられる。見ず知らずの人間が異邦の地で必死に頑張っているのを見ると、なぜか自分も頑張ろうと思えてくる。

なぜこの本を読もうと思ったのだったか。今となっては思い出せないけれど、ユーモアに溢れ、惹き込まれる文章で、読み始めたら止まらない1冊だった。ちょうどいいときにこの本と出会えて良かった。