rubocop-junit_formatterを導入した

CircleCI のメタデータ

CircleCI では、テスト実行後にメタデータを送信しておくと色々と便宜を図ってくれる機能があります。

https://circleci.com/docs/2.0/collect-test-data/

rubocop-junit_formatter

rspecjunitformatter を使うことで RSpec の失敗件数などがテストサマリーとして表示されて便利なので、RuboCop でも同じようなことがしたいなと前々から思っていたんですが、rubocop-junit_formatter というのが既にありました。

rubocop-junit_formatter と rubocop-junit-formatter の2つがあるようですが、前者の方がメンテナンスされていて良さそうだったので、前者を使っています。

様子

こういう感じで失敗件数等が分かって便利。実行に時間が掛かったファイルや、ビルド間での統計的な情報も得られるようになるので、わりと重宝するのではないかと思っています。