運動をはじめた

11月頃から少しずつ運動するように心がけてるという話です。こういう習慣的なものは振り返りが大事なので、この記事で振り返ることにします。

運動不足なので歩くことにした

前回書いた記事 でも少し触れましたが、半年ほど前に入院してから、退院後数ヶ月は激しい運動は控えるようにと言われていたこともあって、運動不足気味なことを常々感じるようになりました。入院中1ヶ月間ほぼベッドから動けない状態だったことから、腰痛が悪化しており、今まで若干痛い腰を抱えたまま騙し騙し生活しているという状態でした。そこで、先月から少しずつ歩くようにしてみました。

知人が縄跳びを余らせているという話を聞いていたので、それをもらってまず跳んでみたんですが、10回も跳ぶと本当に腰が痛くて完全に無理という状態だったので、まず軽い運動をして基礎体力を付けていくことにしました。そこで、とりあえず歩くかということで、まず UberEats を使わないようにして、ごはんを食べに行く前後に歩いたり、少し遠目の飯屋に行ったりという活動を心がけるようにしてみました。

上図は運動をはじめた日からの歩数の記録です。自分は自宅で働いているので、普段相当歩いていない方で、それまでは1日1000歩とかそういう日ばかりでした。この棒グラフより左側の空間は、ほぼ0の値が並んでいます。

歩くようになったことのメリットとして、外食店やクリーニング屋にほぼノーコストでたどり着けるようになりました。どうせ無駄に歩くので、ついでに用事を済ませれば、わざわざそれだけのために歩いて行く分のコストが浮くというわけですね。「お金を払えば実質無料」の論理と同じことを言っていますね。

少しずつ走るようになった

1日の目標は10,000歩とよく言いますが、ここまで振り返ってみると10,000歩に達している日は意外と少ないです。これは1時間以上歩かないと達成できないので、例えば Podcast を聞くとか、他のことをしながらでないと結構難しい気がしています。しかしイヤフォンを付けながら歩くのは、大きな公園内のウォーキング専用のルートみたいなところでもない限り危ないので、なかなかに難しいなと思っています。

11月下旬頃からは腰の状態も走れる程度には回復してきたので、運動の負荷を少し上げるべく、歩く代わりに走るようにしてみています。とはいえ今のところ体力が全くないので、20分も走ればぜえぜえ言って休憩しています。走るたびに段々走行可能距離が伸びて最近は少し楽しさを感じています。

装備を揃えておいて良かった

運動モチベが下がらないようにと運動用の靴を買ったんですが、普通に履き心地を含めた性能が良くて、これは運動をはじめる初期段階で買っておいて良かったなと思っています。

スニーカー買った
適当でも良いのでレビュー書いてと言われたので、最近買ったスニーカーについて。Nike の Air Presto Mid Utility Achronym Cool Grey Black…medium.com

あと季節的にかなり気温が下がってきているので、下着や肌着類もユニクロなりスポーツブランドなりで一式揃えておきました。特にユニクロのヒートテック素材の衣服や五本指の靴下あたりは重宝しています。自分はかなり痩せ型なので、腕や脚の丈の長さにあわせて衣類を選ぶと身幅や股付近の部分が余って冷えることが多いんですが、今シーズン売られている立体的な形状で伸縮するタイプのヒートテックの肌着はこの問題があまりないので助かってます。

夏は半袖・半ズボンなので丈の問題が無くて良いんですが、冬はこういう問題が発生するので、毎シーズン結構困っています。自分がタイツに七分丈のパンツをよく履いていたり、室内で腕の袖先を捲りがちだったりするのは、こういう類の体型と衣服のミスマッチに対する回避策だったりします。最近 ZOZO がゾゾヒートというのを発売していたので、この辺りの体型ごとの最適化についての良い解決策になることを期待しています。

筋トレをやるようになった

NHK に筋肉体操という1回5分で全4回の番組があって、腕立て・腹筋・背筋・スクワットの回があるんですが、毎日これらの内1つをやるようにしてみています。これの存在は、よく参加しているゲーミングコミュニティの人におすすめされて知りました。完全に面白いので、筋トレをやる気持ちがない場合でも見てみると良いと思います。圧が強くて面白いので。

あと自分は全くその界隈のことは分からないんですが、音ゲープレイヤーが極まってくると前腕の筋肉が足りなくなってくるみたいで、前腕を鍛えるための海外の筋肉体操みたいなやつを、界隈の人間と通話しているときにたまにやっています。

毎日全身どこか筋肉痛になるので、起きるときちょっと痛いのが最近の困り事のひとつです。これは勝手な想像ですが、筋トレ慣れしてる人は「毎日筋肉痛とか羨ましい」と思うのかもしれません…。

縄跳びができるようになった

せっかく縄跳びをもらったのに跳べてなくて悪いなという気持ちがあったんですが、1ヶ月歩いたり筋トレをしたりした結果、ようやく痛みもなくまともに跳べるようになりました。縄跳びはいろいろとバランスが良い運動だと思うので、今後も定期的に続けていきたいと思っています。

振り返り

やって良かったこととして、トレーニング用の衣類の性能、それと食事の栄養面に対してお金を払ったことについては良かったと感じています。

普通に跳べるようになって嬉しくなって縄跳びを跳びすぎた結果、若干捻挫気味になって運動効率が少し落ちたので、負荷のかけすぎやその他の怪我には気を付けないとなと思いました。1ヶ月振り返ってみると、一番の反省点はやはりこの部分ですね。仕事などで忙しくて、どうしても暗い時間に運動したくなるときもあるので、怪我や事故には今後も特に気を付けていきたいと思います。安全、迅速、丁寧、なかよし。寝不足で運動をするな。

次の1ヶ月は、ここまでの運動量をそれなりに維持しつつ、睡眠時間と食事の回数とタイミングにもう少し気を付けていきます。

最後に

おすすめの運動方法や食事等の情報源を知っていれば、教えてください。最近は Kindle でストレッチの方法を紹介した本を読んだりしています。