特定の発言に反応してRubotyに何かしてもらう

ruboty-aliasruboty-echo を利用して、Rubotyに対して特定の発言をしたときに何か発言してもらう、という処理を実現します。

ruboty-alias

ruboty-aliasは、特定の発言を別の発言として認識させるためのプラグインです。Rubotyには標準で @ruboty ping という発言に反応する機能がついています。例えば @ruboty alias ピング -> ping という風にaliasを登録しておくと、@ruboty ピング に対しても @ruboty ping と同様に反応させられます。

``` $ ruboty

@ruboty alias ピング -> ping Registered alias: ピング -> ping @ruboty ピング pong ```

ruboty-echo

ruboty-echoは、与えたメッセージをそのままオウム返しで発言してもらうためのプラグインです。例えば @ruboty echo foo と発言すると、Rubotyはこれに対して foo と発言します。

```

@ruboty echo foo foo ```

ruboty-alias + ruboty-echo

ruboty-aliasとruboty-echoを組み合わせて、便利なパターンを登録してみましょう。例えばSlackではそのチーム専用の絵文字を登録することができますが、登録された絵文字の一覧を思い出すために、絵文字一覧を表示させるためのパターンを登録してみます。

image

他にも、便利なリンクを覚えておくとか、

image

GitHubにPull Requestをつくるためのコマンドのaliasを登録することもできます。このコマンドを利用したデプロイ方法については、チャット経由でデプロイする - Qiita で詳しく説明しています。

image

おわり

以上です。他のプラグインと組み合わせて使ったり、人間により便利なインターフェースを提供するためのラッパーとして使ったりできると思うので、いろいろ試してみてください。