snipMate.vim便利

snipMate

特定の文字を入力してTABキーを押すと、予め定義しておいたsnippetを展開してくれる。TABキーを押していくと、定義内の次の箇所へ移動していける。snippetはfiletypeごとに定義できる。neocomplecacheにこの機能も同梱されるようになっているけど、自動補完は嫌いなのでsnippetの機能だけ提供してくれるsnipMateを入れた。snippetsはこういう風に定義できる。

<pre class="code lang-txt" data-lang="txt"># javascript.snippets

snippet a alert(${1}); snippet c console.log(${1}); snippet s var self = this; snippet v var ${1} = ${2}; snippet $ $(${1})